ペットの死因~ペット葬儀をする前に寿命に関する基礎知識を知ろう~

ペット葬儀の種類から選ぶ・超大型犬に適した葬祭サービス

大好きなペットとお別れ

遺骨

限りある命。私たち人間もそうであるように、ペットも濃密な時間を掛け抜け命を全うします。悲しい事ですが、気持ちに整理をつけ立ち直るための糸口を見つけることも必要です。

ペットの死亡原因1位は老衰

ペットの死亡原因の統計結果を見ると、一位は「老衰」であることが分かりました。ペットが介護を必要とするまで老いても、最期まで看取る家族が多く、ペットも家族の一員であることが伝わります。老衰以外の原因として、病気や事故等が挙げられています。また、突然死などの不慮の死も死亡原因として高い順位に上がっています。

超大型犬の寿命は小型犬よりも短い

どうして超大型犬の寿命は短いのでしょうか?
ゾウやゴリラなど、体の大きい動物は寿命が長いと負われていますが、犬だけを切り取った場合、心臓や腎臓に負担がかかりやすい大型犬の方が短命です。また、大型犬は股関節にトラブルが起きやすく、遺伝病なども顕著に表れやすい傾向があります。体を維持するための餌の量と腎臓の機能が伴わない場合や、心臓への負担が重く、常に酸欠気味の状態に陥っているために、短命に傾きやすいと言われています。

ペットの死が与える影響

女性

手塩にかけてお世話をしてきたペットは、家族のようにかけがえのない存在です。分かっていても別れはとても辛いもので、大きな喪失感に襲われる飼い主も見られます。

ペットロスになってしまう人も

ペットロスとは、生活を共にしたペットを失った後にやってくる深い悲しみや無気力などを指しています。ペットの死を受け入れられない事で、情緒不安定や自責の念が強くなる日々が続きます。しかし、時間の経過とともに少しずつ気持ちに整理がついて悲しみが和らいでいくとされています。

ペット葬儀が悲しみや喪失感を緩和~体験談と立ち直る方法~

ペットロスになってしまいました(21歳/女性/ペットショップ店員)

我が子同然のバーニーズが腎臓の病気で亡くなりました。生体を扱うペットショップで甲斐甲斐しく働いていると気持ちが和らぎますが、仕事が終わると、病気の進行に気付けなかった事や、ブリーダーさんとの約束等が思い出され、とても辛い気持ちになります。部屋に残された病犬用の療養食のパッケージを見るだけでも、記憶が蘇って泣きたくなります。

ペットが亡くなってから元気が出ません。立ち直るためにはどうしたらいいのでしょうか?
「時薬(ときぐすり)」という言葉がありますが、死に直面するとたとえペットであっても深い悲しみに包まれてしまうものです。そんな時はペット葬儀を行ない、見送りの儀式をされてはいかがでしょうか。人間と同じような形できちんとお別れをし、火葬し遺骨を埋葬することで、ペットロスの症状が緩和されやすくなります。

TOPボタン
大型犬の寿命|超大型犬も対応可能!ペット葬儀の選択肢が幅広いワケ